2018ファイルヘッダー

ひなまつり特別御朱印について

日頃は当社御祭神への崇敬の念篤い多くの方にお参りいただき心より感謝申し上げます。

昨年は御朱印授与に際しての混乱を防ぐため、授与期間を設け、境内に収容可能な300名限定でひなまつりの御朱印をお授けいたしましたが、連日すぐに限定数に達してしまい、ご遠方からお越しの方にご不便をおかけし、また、お寒い中早朝よりお並びの列が出来るなど、皆様に大変ご負担をおかけしました。今年は昨年にも増して多くのお問い合わせがあり、特に、長い時間授与してほしいとのご要望が多くありましたので、大変苦慮いたしました結果、数々のご要望や問題点を総合的に検討し、多くの方に御朱印をお受けいただけるよう、社名の部分を印字した御朱印をお授けすることといたしました。写真のとおり手書きの御朱印との見た目の差異はございません。
ひなまつり御朱印は書置きのみです。お手持ちの御朱印帳にお書きすることは出来ません。

  • 授与期間 2月23日(金)~3月4日(日) 時間 9時~17時まで
    多くのご要望をいただきましたので授与期間を3月11日(日)まで延長いたします。手書き予約の申込証はなくなりましたのでご了承下さい。

御朱印はなくならないよう数多くご用意しておりますので9時前に並ばないでください。
また、3月3日(土)は、当社ホームページをご確認出来ず、知らずにいらっしゃる方の為に、お授けはいたしますが、このお知らせをご覧になった方は、混乱を避けるため、どうか3月3日以外の日に御朱印をお受けくださいますようお願いいたします。

印字御朱印

手書き御朱印

左が印字御朱印、右が手書き御朱印です。見た目に差異は全くございません。
日付はすべて三月三日です。神前祈願の証の桃の透かし印も同じく押印されております。

※ご要望などの状況により3月5日以降授与する場合もあります。
上記の期間、御朱印帳のお授けはございません。御朱印帳については下記の「手書き御朱印と御朱印帳について」をご覧ください。

 

どうしても手書きが良い、という方はご予約となります。
ここから先をお読み下さい。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

手書き御朱印と御朱印帳について


手書き御朱印も書置きのみです。

お手持ちの御朱印帳にお書きすることは出来ません。

手書きの書置き御朱印又は御朱印帳(1頁目に書入れ朱印あり)をお受けになりたい方は、2月23日(金)~3月4日(日)の期間に申込証のみお受けになり、手書き御朱印授与期間に申込証をご持参の上、下記の授与期間に再度お越しください。

  • 手書き御朱印授与期間 3月15日(木)~3月23日(金)/ 3月25日(日)~3月31日(土)
  • 時間 9時~17時まで
    ※3月24日(土)は初午祭神事のためご対応できません。
手書き御朱印についてのご注意
  • ひなまつり御朱印をお受けの方には併せてひなまつり御守を授与しておりますが、手書き御朱印をお受けの方は通常の無病息災御守となります。ご了承ください。
  • ひなまつり御朱印は印字も手書きも書置きのみです。お手持ちの御朱印帳にお書きすることは出来ません。
  • 申込証をお受けになられた日は、御朱印はお授けできません。
  • 申込証は2/23~3/4まで配布予定でございますが万が一無くなった場合は期間途中でも配布を終了いたします。
  • 手書き御朱印をお受けになる日は、その御朱印一体限りのお授けとなります。
  • 転売目的で申込証を受けたり、転売された申込証で御朱印を受けることは固くお断りいたします。